指導内容

詩吟に合わせて刀を抜き舞います。

吟者、舞者ともに袴をつけ、舞者は刀だけでなく、扇を持って舞い、詩の情緒を表現します。

田宮流では、居合、剣舞、詩吟は三位一体と考えております。元祥館では、通常の剣舞だけでなく、居合をベースとした抜き付け、切り下ろしを魅せる剣舞を稽古しています。

まず、全日本剣道連盟制定居合の技や、田宮流の技を吟に合わせて抜く稽古から始めます。吟に合わせて動くことができるようになれば、より本格的な剣詩舞の稽古を行います。

吟に合わせて演舞することで、居合の技を抜く際の体の動きを柔らかくしたり、状況に合わせた間の取り方等も勉強できます。 

 

道場や流派等に関するご意見、質問がありましたらお気軽にご記載ください。